ブログ・サイトのアクセスを増やす方法【その3】 .

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る





レビュー : ★★★☆☆

Time   : 13分01秒

形式    : 講義

作成者  : 笠原 慎介 トレンドアフィリエイト さん




《ここがオススメ》


普通に記事を書くよりも、圧倒的に多くのアクセスを集めるための
「トレンドキーワード」を使ったアクセスアップ方法が
分かりやすく解説されている動画です。


 

《この動画の要約 or 詳細》



トレンドキーワードとは、今話題となっている物事や
旬なもの、流行っているものに関するキーワードのことです。
そのような「トレンドキーワード」をブログ・サイトなどに
使うことによって、大量のアクセスを得る方法が、
トレンドキーワードを使ったアクセスアップ方法です。


「トレンドキーワード」は検索しているひとが多いです。
検索ボリュームが急上昇しているキーワードになります。
トレンドキーワードを使って上位表示されれば、
大量のアクセスを呼びこむ事ができます。


トレンドキーワードを使ったアクセスアップ方法は、
自分のビジネスをは直接関係がないものも選ぶことが可能です。
それは、自分が伝えたいことと繋げていく作業となります。


トレンドキーワードの活用方法としては、
まず、トレンド・キーワードを探す作業から入ります。
トレンドキーワードの取得先としては、さまざまな物があります。


インターネット上では、「急上昇ワードサイト」、「Yahoo!トピック」、「ニュースサイト」などがあります。
テレビでは、ニュースや情報バラエティ番組、ビジネス番組など、
雑誌では、女性ファッション誌、男性誌、日経トレンディなどの雑誌などです。
その他には、人気の芸能人、スポーツ選手の名前、
話題のドラマ名などが有ります。




<インターネットからのトレンドキーワードの探し方について>


Yahoo!検索によって、急上昇しているワードを調べるには、
「Yahoo!急上昇ワード」の語句を検索窓に入れて、
検索してみてください。


その他には、「 kizashi.jp 」や「 gooいまトピ 」などがあります。
Yahoo!サイトやニュース記事で配信されているニュースのテーマも同様です。


これらの「トレンドキーワード」の中で、
自分が興味をもったキーワードや記事に書いてみたいキーワードを
ピックアップして、自分が発信したい内容と結び付けられそうな
「トレンドキーワード」がベストです。


その次に、「複合キーワード」を探します。
その方法は、「Yahoo!検索の虫眼鏡ワード」、
「関連キーワードツール( goodkeyword )」、
「グーグルサジェストキーワード一括DLツール」などを
活用して、実際にユーザーから多く検索されている
「複合キーワード」を探します。


そうして、
複合キーワードのライバルチェック行います。
具体的には、「SEO難易度チェックツール」を使ったり、
実際に検索をかけて目視チェックを行います。


そのときに、
検索結果の1ページ目に大手のサイトが
多くインデックスされているような「複合キーワード」は避けましょう。
なお、このライバルチェックが難しいと感じる方は、
この作業は、省略しても結構です。


次に複合キーワードを使って記事を書きます。
選んだキーワードを「タイトル文」や「本文」に入れて
記事を書いていきます。


そのときの記事の内容としては、
選んだ複合キーワードについての内容を書きます。
それは、「複合キーワード」で検索してくるユーザーは、
その複合キーワードに関する情報を求めているからです。


そして、自分の考えや発信したい内容については、
「複合キーワード」についての内容を書いた後に書くようにします。
このときに注意することは、ユーザーに満足してもらえる記事や、
有益な記事を書くことが大前提となります。


0640



 

《一言》


この動画で解説されている「アクセスアップ」の方法は、
お金をかけずに実行出来ますし、ちょっとした工夫で
莫大な効果を得ることができると、この動画でも説明されているとおりです。
この有益な方法を使って、アクセスアップを実践していきたいですね。
Youtube 動画作成者の 笠原慎介さん、どうもありがとうございます! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

【おすすめの動画学習サイト】

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>