ワードプレス記事をツイッターへ自動投稿させるプラグイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る





レビュー:★★★☆☆

Time : 02分41秒

形式  : 解説

作成者 : 笠原 慎介 トレンドアフィリエイト さん

 

《ここがオススメ》


ワードプレスに投稿された記事を自動的に、ツイッター( Twitter )へ
ツイート(Tweet)させる、とても便利なプラグインを解説している動画です。


 

《この動画の要約 or 詳細》


「 WP  to  Twitter 」の設定方法について説明しています。
まず、ご自分のツイッター(Twitter)へ、ログインしておいてください。



まず、「 WP  to  Twitter 」のプラグインをインストールします。
プラグインのインストール画面で、「 WP  to  Twitter 」と検索窓に入力して、
「プラグインの検索」ボタンをクリックします。


  ↓  ↓  ↓


「 WP  to  Twitter 」のプラグインが出てきたら、
「いますぐインストール」をクリックして、「プラグインを有効化」のリンクをクリックします。


  ↓  ↓  ↓


左サイドメニューの「設定」から、「 WP  to  Twitter 」を選んで、
「 Twitter アプリケーション登録ページ 」のリンクから、Twitter と連携させる設定を行います。


  ↓  ↓  ↓


「 Create  an  application 」の画面になりますので、
「 Application  details 」の設定を以下のように行います。


Name  : 「ブログ名」または、「ブログ名のアプリ」と入力します。
    (文字数は、32文字以内です。)


Description  :  簡単な説明を10文字以上、200文字以下で入力します。


Website  :  ブログのURLを入力します。


  ↓ ↓ ↓


画面を下にスクロールして、
「 Yes, I agree 」にチェックマークを入れ、
「create  your  Twitter  application」 の ボタンをクリックします。


「 Permission 」 をクリックします。
「 Read  and  Write 」にチェックを入れて、「Update  settings」をクリックします。


「API  Keys」をクリックします。
ページをスクロールして、一番下の「 Create  my  access  token 」をクリックします。
すると、ページ最下部に、 「 Your  access  token 」コードが表示されます。


「 Your  access  token 」コードが表示されましたら、
「 API  keys 」ページに表示されている、
「 API  Key 」
「 API  secret 」
「 Access  Token 」
「 Access  Token  Secret 」を、
ワードプレスの設定画面にコピー&ペーストで入力します。


最後に、「Twitter と連携」をクリックします。


  ↓  ↓  ↓


つぎに、ツイート内容の設定を行います。


  ↓  ↓  ↓


短縮URLは、「 Goo.lg 」を選びます。(例)
「 New post 」は消したほうが良いでしょう。
「 Update  when  a  投稿  is  edited 」のチェックを外します。


  ↓  ↓  ↓


「 save  WP  to  Options 」をクリックして、
設定作業は完了です。




※ご注意※

この動画は、2014/08/11 に公開されていますので、
設定画面の文字や表示されている内容が、最新のものとは
少々、異なっている場合があります。




 

《一言》


この、「 WP to Twitter 」のプラグインをインストールすると、
自動で、ワードプレスの更新内容を、ツイッター( Twitter )に
投稿してくれるので、とても便利ですね。

動画作成者の「笠原 慎介 トレンドアフィリエイト」 さん、
貴重なご解説を、どうもありがとうございます!








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

【おすすめの動画学習サイト】

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>