WordPress

ワードプレス・プラグイン ウィジェットギャラリー作成方法






レビュー:★★★★☆

Time : 06分59秒

形式 : 講義

作成者: Fungers Gold さん




《ここがオススメ》


こちらの画像で、ワードプレスサイトの
ギャラリーに画像を追加する方法を知ることが出来ます。




《この動画の要約 or 詳細》


[ 1 ] .ギャラリーの作成


新しい投稿記事を作成し、写真のギャラリーをワードプレスのサイトに載せる方法を解説します。


まず、「メディアを追加」ボタンをクリックします。


「ギャラリーを作成」の機能を使えば、好きな画像を複数選んで
一覧表示させることが可能になります。


画像は、パソコンからアップロードする方法と
「メディアライブラリー」から選択する方法がありますが、
今回は、パソコンからアップロードする方法を解説します。


アップロードしたい画像を選択するとき、
マッキントッシュの場合は、「command」キーを押しながら、
ウインドウズの場合は、「Ctrl」キーを押しながら、すべての画像を選択します。
選択された画像が、「メディアライブラリー」内にアップロードされます。


ギャラリーの画像を挿入する際には、
それぞれの画像に、タイトル、代替テキスト、
説明の設定が完了していることが必要です。


それらの各設定が終了したならば、
「ギャラリーを作成」ボタンをクリックします。


「リンク先」は、「メディアファイル」に設定して、
「カラム」は、画像を何列で表示するかを選択します。
画像の表示をランダムにしたい場合は、「ランダム」にチェックを入れます。
「Type」は、プラグイン・チェット・パックを有効化すると
自動的に追加される機能で、「デフォルト」あるいは、「スライドショー」の
どちらかを選択することが出来ます。


チェット・パックをインストールして、有効化していない場合は、
こちらの選択項目は、ありません。


今回は、「デフォルト」を選択して、
「ギャラリーを挿入」ボタンをクリックします。


すると、
投稿記事内に、大きなボックスが表示されます。


編集画面からは、画像は確認されませんが、
ここに「ギャラリー」が挿入されています。
この「ギャラリー」の前後には、文章を挿入することが可能です。
それらを下書きとして保存して、プレビューを確認してみます。



[ 2 ] .ギャラリーの編集方法


投稿の編集画面にもどり、「ギャラリー」をクリックします。
「編集ボタン」が表示されるので、選択します。


挿入した「ギャラリー」は、いつでも編集することが可能です。
「ギャラリーに追加」ボタンで、新しい画像を追加できます。
表示の順番も好きな様に編集できます。
画像右上の×印で、ギャラリーから画像を外すことも出来ます。


「Type」を「スライドショー」に設定しなおして、
「ギャラリーを更新」ボタンをクリックします。


更新して、ウェブサイトを公開してみると、
「ギャラリー」がスライドショーで表示されるようになります。


ワードプレスでは、このように簡単に、
ウェブサイト上に「ギャラリー」を表示させることが可能です。




《一言》


この動画で、画像ギャラリーの作成は、意外と簡単だということが分かりました。
画像のスライドショーも、手軽に出来ますね。
作成者の ” Fungers Gold ” さん、どうも、ありがとうございます! (^^)

 

ワードプレスを日本語に対応させるプラグイン





レビュー:★★★☆☆

Time : 01分52秒

形式    : 解説

作成者: 日光東 さん



 

《ここがオススメ》


WordPress (ワードプレス) を日本語に対応させてくれる、
「 WP Multibyte Patch 」 についての説明と
インストールの方法について解説された動画です。

 


《この動画の要約 or 詳細》


ワードプレスは、もともと、英語圏で作られたものなので、
日本語の環境ではうまく動作しないことがあります。
そんなときに、この 「 WP Multibyte Patch 」 のプラグインを
利用することによって、問題を解決できます。


非常に重要なプラグインですので、
必ずインストールするようにしましょう。


実際のインストールの方法は、以下のとおりです。


ワードプレスにログイン後、「プラグイン」をクリックします。
「新規追加」をクリックし、「プラグインのインストール」画面で、
検索窓に、「 WP Multibyte Patch 」と入力し、
「プラグインの検索」ボタンをクリックします。


  ↓  ↓  ↓


一番上に 「 WP Multibyte Patch 」 が表示されるので、
「いますぐインストール」をクリックします。


  ↓  ↓  ↓


「プラグインを有効化」 をクリックして有効化させます。



以上のように、インストールして、有効化しておくだけで
ワードプレスを、日本語に対応させてくれますので、
必ず、このプラグインをインストールしておきましょう。




《一言》


この、「 WP Multibyte Patch 」 のプラグインは、
WordPress(ワードプレス)を日本の環境でも対応できるようにするための
重要なプラグインですので、必ずインストールしておきたいですね。

なお、2015年6月の時点では、すでにワードプレスに
初期設定でインストールされていることもあるようです。
その場合は、「 WP Multibyte Patch 」 のプラグインを
「有効化」させるだけで、大丈夫です。



ワードプレスで改行、行間などを自由に変更するプラグイン





レビュー: ★★★☆☆

Time: 07分46秒

形式: 講義

作者: WordPress おすすめプラグイン 設定方法&使い方まとめ さん


 

《ここがオススメ》

ワードプレスの文章に改行を入れたいときに
必要なプラグインを紹介している動画です。




 

《この動画の要約 or 詳細》

ワードプレスのデフォルトの設定で、
改行や段落を意図的にあけるときに、
自動的に無くしたり、フォーマットしてしまうということで、
必要以上にスペースをあけるということが出来ません。
それを可能にするためには、プラグインの導入が必要になってきます。


プラグインは、ふたつ入れます。
まず、「 TinyMCE Advanced 」です。


「プラグインのインストール」の画面で、
「 TinyMCE Advanced 」を検索窓に入力して、
「プラグインの検索」ボタンをクリックします。


これは、文字を変えたり、色付けしたり、
表を埋め込んだりするプラグインです。


これは、たいへん便利なプラグインなので、
最初にインストールするようにしましょう。


つぎに、新たにインストールしたいのが、
「 PS Disable Auto Formatting 」です。


じつは、この「 PS Disable Auto Formatting 」だけでは、
うまく機能しませんので、前出の「 TinyMCE Advanced 」の設定で、
改行や段落の変更が出来るようになります。



 

《一言》

ワードプレスを新規に開設したら、
記事を更新していく前に、出来るだけ早く、
このふたつのプラグインを導入するようにしたいですね。
「WordPress おすすめプラグイン 設定方法&使い方まとめ」 さんこと、WPJさんが
アップして頂いた、とても参考になる動画です。

ワードプレスをエックスサーバーにインストールする方法





レビュー:★★★☆☆

Time:10分17秒

形式:講義

作者:渚ひろし@自由ライター さん



《ここがオススメ》

エックスサーバーへのワードプレスのインストール方法を
分かりやすく説明しています。
今回は、当初エックスサーバーから、割り当てられている、
「ドメイン」へインストールします。



 

《この動画の要約 or 詳細》


自分のメディアを作ることは、必ず必要です。
ワードプレスのサイトは、集客媒体、コンテンツなど、
自分のメディアの軸となるものです。

実際の作業を解説します。

レンタルサーバー(エックスサーバー)の管理ページにログインします。
(「インフォパネルログインフォーム」からログインします。)


  ↓  ↓  ↓


「インフォパネル」に移動して、「サーバーパネル」へログインします。
「★現在の設定対象ドメイン」を確認します。
「独自ドメイン」を使いたい場合は、右上のある「ドメイン設定」から入っていきます。

今回は、すでに割り当てられている、エックスサーバーのドメインに
ワードプレスをインストールします。


  ↓  ↓  ↓


「ホームページ」メニューの「自動インストール」をクリックします。


  ↓  ↓  ↓


「プログラムのインストール」をクリックします。


  ↓  ↓  ↓


「WordPress 日本語版」をインストールします。
「インストール設定」をクリックします。


  ↓  ↓  ↓


「自動インストール」画面で、
「インストールURL」のドメイン名を確認します。
「ブログ名」、「ユーザ名」、「パスワード」、「メールアドレス」を記入します。


  ↓  ↓  ↓


「インストール(確認)」のボタンをクリックします。


  ↓  ↓  ↓


「以下のスクリプトをインストールしますか?」という表示が出ますので
確認後、「インストール(確定)」ボタンをクリックします。


  ↓  ↓  ↓


「WordPressのインストールを完了しました。」という表示が出て、
ワードプレスのインストールが終了しました。


「ID」や「PASSWORD」は、今後も使っていきますので、
しっかりとメモを取るなりして、保存しておいてください。
(この画面を印刷したり、キャプチャーしても良いです。)



「・・からアクセスし、以下の情報でログインしてください。」
という表示の直ぐ上のリンクをクリックすると、
「ワードプレス」の管理画面へのログインフォームが表示されます。


  ↓  ↓  ↓


先ほどの「ユーザー名」、「パスワード」を入力して、
「ログイン」ボタンをクリックすると、
「ワードプレス」の管理画面に移動します。


※ これで、ワードプレスのインストールが完了です。



あとは、

・プラグイン(拡張機能)の設定
・ウェブマスターツールへの登録
・グーグルアナリティクスなど「アクセス解析」の設置

などを行います。



そして、記事を更新したりして、
アクセスが集まるサイトの基礎を作っていきます。






《一言》


今後のワードプレスの使い方も、今回Youtube動画の作者である、
「渚ひろし@自由ライター」さんの解説する動画が
分かりやすくて、重宝すると思います。
これからの動画も、とても楽しみですね。

ワードプレスを始める初心者のためのレンタルサーバー選び

レビュー:★★★☆☆

Time:14分12秒

形式:講義

 

《ここがオススメ》

ワードプレスを使用するに場合に、
レンタルサーバーが必要になってくるのですが、
性能や価格も千差万別のレンタルサーバーを
借りるときのポイントについて、分かりやすく解説されています。

 

《この動画の要約 or 詳細》

1.サーバーを借りるときのスペック

  スペックの中で、一番重要なのが、
  MySQL と呼ばれる、データベースが使えるかです。
  あまり安いサーバーだと、このデータベースが使えない場合があります。
  データベースが、一個以上使えるものを選びます。
  MySQL 一個に、ワードプレスをひとつ、インストール可能になります。

  レンタルサーバーの容量をみると、
  ワードプレス自体は、1GBあれば、インストール可能ですが、
  問題なく運用するためには5GB以上あれば大丈夫です。
  

  また、ワードプレスを複数運用す場合、マルチドメインが利用できるかです。

2.ワードプレスの自動インストール機能が付いている?

  サーバーの種類によって、ワードプレスの自動インストール機能を
  搭載しているところがあります。
  手動でも、インストールは可能なのですが、かなり面倒で、
  エラーが発生したり、時間がかかったりしますので、
  これは、初心者のかたには、お勧めです。

3.サーバー会社の知名度がある?

  そのサーバー会社を利用するひとが多いなら、
  それらの情報(口コミ)は参考になるでしょう。

4.月額価格が、どれくらい?

  レンタルサーバーを借りるときは、まず初期費用がかかります。
  そして、それプラス、月額使用料となります。  

5.レンタルサーバーの例

  < ロリポップ >

   「ロリポプラン」と「チカッパプラン」がお勧めです。
   「ロリポプラン」は、¥263円とかなり廉価ですが、
   容量は30GBあり、マルチドメインは50個使えます。
   MySQL は1個使えて、ワードプレスの自動インストール機能も付いています。

   利用者は、女性のかたが多くて、初心者向けのレンタル・サーバーです。
   管理パネルが使いやすかったり、マニュアルが簡単だということがあります。

   ロリポップは利用者が多いので、分からないことがある場合に、
   誰かが、その解決策をインターネット上にアップしていることが多いです。

   「チカッパプラン」は、「ロリポプラン」の上位プランになります。
   容量は、60GBで、マルチドメインは100個利用でき、
   MySQL は、30個利用可能です。

   最初に「ロリポプラン」を使っていて、
   途中から「チカッパプラン」に変更することができます。

 

  < Xサーバー >

   月額1050円で、ロリポップよりは高額ですが
   容量は、50GB、MySQL は、30個利用できます。
   マルチドメイン、サブドメインは、無制限。
   ワードプレスの自動インストールも、付いています。

   Xサーバーの見えない利点は、回線が太くて
   安定しているので、使用していて重くならないことや、
   有料になりますが、バックアップ機能が充実しています。

   他のサーバーは、メールだけのサポートに対して、
   Xサーバーは、電話サポートもあります。

   今後、しっかりとワードプレスを運用したいという方には
   Xサーバーがお勧めです。
   

  
  【ご注意】    
   この動画は、2012年9月にアップされているので、
   その当時のプラン内容や料金などの情報になります。

 

《一言》

どのサーバーを選べば良いか、分かりやすい動画です。
個人的には、Xサーバーがお勧めです。
もちろん、ロリポップも価格が安いので、導入し易いですね。