ワードプレスを始める初心者のためのレンタルサーバー選び

レビュー:★★★☆☆

Time:14分12秒

形式:講義

 

《ここがオススメ》

ワードプレスを使用するに場合に、
レンタルサーバーが必要になってくるのですが、
性能や価格も千差万別のレンタルサーバーを
借りるときのポイントについて、分かりやすく解説されています。

 

《この動画の要約 or 詳細》

1.サーバーを借りるときのスペック

  スペックの中で、一番重要なのが、
  MySQL と呼ばれる、データベースが使えるかです。
  あまり安いサーバーだと、このデータベースが使えない場合があります。
  データベースが、一個以上使えるものを選びます。
  MySQL 一個に、ワードプレスをひとつ、インストール可能になります。

  レンタルサーバーの容量をみると、
  ワードプレス自体は、1GBあれば、インストール可能ですが、
  問題なく運用するためには5GB以上あれば大丈夫です。
  

  また、ワードプレスを複数運用す場合、マルチドメインが利用できるかです。

2.ワードプレスの自動インストール機能が付いている?

  サーバーの種類によって、ワードプレスの自動インストール機能を
  搭載しているところがあります。
  手動でも、インストールは可能なのですが、かなり面倒で、
  エラーが発生したり、時間がかかったりしますので、
  これは、初心者のかたには、お勧めです。

3.サーバー会社の知名度がある?

  そのサーバー会社を利用するひとが多いなら、
  それらの情報(口コミ)は参考になるでしょう。

4.月額価格が、どれくらい?

  レンタルサーバーを借りるときは、まず初期費用がかかります。
  そして、それプラス、月額使用料となります。  

5.レンタルサーバーの例

  < ロリポップ >

   「ロリポプラン」と「チカッパプラン」がお勧めです。
   「ロリポプラン」は、¥263円とかなり廉価ですが、
   容量は30GBあり、マルチドメインは50個使えます。
   MySQL は1個使えて、ワードプレスの自動インストール機能も付いています。

   利用者は、女性のかたが多くて、初心者向けのレンタル・サーバーです。
   管理パネルが使いやすかったり、マニュアルが簡単だということがあります。

   ロリポップは利用者が多いので、分からないことがある場合に、
   誰かが、その解決策をインターネット上にアップしていることが多いです。

   「チカッパプラン」は、「ロリポプラン」の上位プランになります。
   容量は、60GBで、マルチドメインは100個利用でき、
   MySQL は、30個利用可能です。

   最初に「ロリポプラン」を使っていて、
   途中から「チカッパプラン」に変更することができます。

 

  < Xサーバー >

   月額1050円で、ロリポップよりは高額ですが
   容量は、50GB、MySQL は、30個利用できます。
   マルチドメイン、サブドメインは、無制限。
   ワードプレスの自動インストールも、付いています。

   Xサーバーの見えない利点は、回線が太くて
   安定しているので、使用していて重くならないことや、
   有料になりますが、バックアップ機能が充実しています。

   他のサーバーは、メールだけのサポートに対して、
   Xサーバーは、電話サポートもあります。

   今後、しっかりとワードプレスを運用したいという方には
   Xサーバーがお勧めです。
   

  
  【ご注意】    
   この動画は、2012年9月にアップされているので、
   その当時のプラン内容や料金などの情報になります。

 

《一言》

どのサーバーを選べば良いか、分かりやすい動画です。
個人的には、Xサーバーがお勧めです。
もちろん、ロリポップも価格が安いので、導入し易いですね。

ワードプレス・プラグインの探し方とインストール方法

レビュー:★★★☆☆

Time: 8分44秒

形式:講義

 

《ここがオススメ》

ワードプレスのプラグインの探し方とインストール方法が、
分かりやすく説明されている動画です。

 

《この動画の要約 or 詳細》

ワードプレスには、「プラグイン」と呼ばれる拡張機能があります。
「プラグイン」を使えば、様々な機能を追加で付けることが可能になります。
例えば、スパム対策、人気記事のランキングなどの機能を簡単に付けることができます。

プラグインは、検索して、あなたのサイトに組み込んでいく必要があります。
探し方は、二通りの方法があります。
その方法を用いれば、すべてのプラグインが利用可能となります。

プラグインの探し方は、
ワードプレスのダッシュボードから検索します。
つまり、ワードプレスの管理画面から直接探し出します。

ワードプレスの公式サイトに登録されていないものなので、
製作者のサイトから検索・ダウンロードします。

プラグインのインストール方法は、
そのどちらも、ダッシュボードから可能となります。

・・・

それでは、具体的にインストール方法を見てみましょう。

サイドメニューの「プラグイン」という項目をクリックしますと、
いま登録されている「プラグイン」が表示されます。

  ↓ ↓ ↓

 
「プラグイン」のタイトルのすぐ右隣りの「新規追加」をクリックします。

  ↓ ↓ ↓

「プラグインのインストール」のページで
検索窓にインストールしたい、プラグイン名を入力して、
「プラグインを検索」ボタンをクリック。

  ↓ ↓ ↓

プラグイン名が表示されるので、すぐ右下の
「いますぐインストール」をクリック。

  ↓ ↓ ↓

本当に、そのプラグインをインストールするかの
表示が出るので、OKを選択します。

・・・

それでは、検索窓に「プラグイン名」を入れて検索しても
出てこない場合のインストール方法を解説してみます。

その場合は、「検索」のとなりにある、
「アップロード」を選択します。
そこから、「zip形式」のプラグインをインストールすることができます。

「zip形式」のプラグインのファイルは、まだ入手していないので、
直接、製作者のサイトから、ダウンロードしていきます。
ブラウザの検索窓に、直接、入手したい「プラグイン」名を入れて検索します。

先ほどの、プラグインのアップロード画面に戻って、
「ファイルを選択」ボタンをクリックします。

  ↓ ↓ ↓

ダウンロードファイルをクリックして、「開く」をクリックし、
「いますぐインストール」ボタンをクリックします。

  ↓ ↓ ↓

このように、プラグインの「zipファイル」をダウンロードして、
ワードプレスサイトにアップロードすることも可能です。

  ↓ ↓ ↓

「プラグイン」のインストールが完了しました・・という表示がでるので、
「プラグインを有効化」を選択します。

以上で、プラグインのインストールは、完了です。

《一言》

さまざまな、ワードプレスに拡張機能を追加できる「プラグイン」の
探し方とインストールの仕方が、2種類あるということを知りました。
音声もハキハキとしていて、分かりやすいです。

 

WordPressのテーマやテンプレートの選び方





レビュー:★★★☆☆

Time: 8分55秒

形式:講義

 

《ここがオススメ》


基本的なワードプレスの「テーマ」の選び方について
分かりやすく解説されています。

「テーマ」とは、ブログなどで使われている
「テンプレート」のことです。

 



《この動画の要約 or 詳細》


ワードプレスは、テンプレートが多くて自由に選べます。
ダッシュボードの中から、テーマを一瞬で変更することができる事が最大の利点です。
今まで作った、サイドバーとか記事を移行しつつ、
デザインだけを変えることが可能ですので、自由度のある、ブログシステムです。


ただ、テンプレート自体が、数千とか数万とかあるということですので、
最初は、どこのテンプレートを使ったらよいのか、解説してみます。


公式に登録されている、「海外製のテンプレート」、
「無料で利用出来るワードプレス・テンプレート」、
有料で販売されているような「ビジネス・テンプレート」の
3つの違いについて、説明します。


「海外製のテンプレート」は、
ダッシュボードにログインして、「外観」の「テーマ」を選びます。
公式テンプレートは、「ダッシュボード」から検索出来るようになっています。
「テーマ」を選び、「いますぐインストール」をクリックして、
「有効化」をクリックすると、デザインが変更できます。


そのほとんどが、海外製なので、文字サイズとか行間とかが「英語」向けです。
つまり、半角英数字向けなので、日本語の行間とか文字数が考えられていません。
なので、あまり、初心者向けでないと思います。


あとは、きれいなデザインで、あればあるほど、ソースが複雑になって、
初心者のかたが使いにくいので、その辺りは気を付けたほうがいいでしょう。
玄人向けとか、カスタム向けが、「海外製のテンプレート」となります。


つぎに、「日本語の無料テンプレート」について、考察してみます。
こちらですと、日本語向けに作らているということで、行間とか
考えられて作られて、扱いやすい感があります。


デメリットとしては、無料で使える理由があって、
いろいろなライセンスの条件だとか、制作会社のリンクが
テンプレートの中に貼られたりとかしています。


また、SEOとか、あまり考えられいなくて、デザイン的なテンプレートが多いです。
中身は、「内部リンク」や「サイトマップ」が無かったり、
SEO面に弱いテンプレートになってたりします。


テーマ(テンプレート)が初めての方だっら、
初心者向けとして、大丈夫なんですが、
後々、ビジネスとしてテンプレートを使ったり、
本格的な運用をしたいというのでしたら、
「有料テンプレート」がお勧めになります。


例として、お薦めは、「賢威」テンプレートです。
ユーザビリティ的な行間だったりも考慮されていて、
ソース上のSEO効果も高いです。


「内部ソース」とか「外部ソース」のバランスを考えたり、
ソースコードもシンプルにしているので、
自分のブログの情報を検索エンジンに伝えやすくなります。


検索エンジンは、そのブログが、どんなことを書かれているのか
把握しやすいので、検索エンジンに反映されやすいです。
検索エンジンに反映されやすいということは、
それだけ見込み客を呼び込みやすいです。
だから、「有料」だと言われる価値はあります。


また結構怖いのが、ワードプレスは頻繁にバージョンアップされていく過程で、
無料のテンプレートですと、いきなり表示が出来なくなったりしますが、
「有料テンプレート」でしたら、こちらも、バージョンアップしてくれます。
その点でも、「保険」として使えますね。


販売サイトをしっかり見て、どんなテンプレートがあるのか、
どういう用途で作られているのか確認して取り入れてみましょう。






《一言》


ワードプレス・テンプレートについて、基礎的な、とても分かりやすい説明ですね。
ワードプレスに手を加えたり、自分専用として使うのであれば、
この動画でも述べられているように、身銭を切ってお金を出して「有料テンプレート」を
使うほうが良いのでは、ないでしょうか?





WordPressとは?(ワードプレスとは何か?)






レビュー:★★★☆☆

Time:12分14秒

形式:講義

 

《ここがオススメ》


まったくの初心者向けに、ワードプレスとは、
何なのかといった超基本的な事柄から説明しています。






《この動画の要約》


1.ワードプレスとは?

簡単に言うと、オープンソースのブログソフトウエアのことです。
オープンソースとは、簡単に言うと無料だということです。
世界中の有志が集まって、ワードプレスのソフトウエアを開発しています。


普通のHTMLサイトを作ろうとすると、
HTML言語を使って、自分でコーディングをしなければなりません。
そうすると、細かいところまで手が届きますが、
かなりの専門知識が必要になってきます。



ワードプレスというソフトを使うことによって、
あたかも、ブログ感覚でで記事を投稿したり、
配置を考えたり出来るということです。
また、CMS(コンテンツ・マネジメント。システム)とも呼ばれます。





2.ワードプレスの特徴

独自サーバーに設置後は、
インターネット環境があれば、どこでも、使用可能です。
ワードプレスは、自分でサーバーを用意して、
そこに、ソフトを入れないといけません。
そうすることで、個人で、ブログサービスを開設することが可能になります。


また、バージョンアップの間隔が短く、機能拡張が頻繁です。
世界中のたくさんのひとが、ワードプレスのソフトの不具合を
見つけたり、改良していっているためです。
そのため、セキュリティー上も、安心なシステムです。


ワードプレスは、「プラグイン」というソフトを使って、機能拡張を行うことができます。
提供されている膨大な種類の「プラグイン」を、無料で使用することが出来ます。


さらに、無料・優良を問わず、多くのテーマを使用することが出来ます。
この場合の「テーマ」とは、テンプレートのことです。






3.テーマとは

テーマとは、ブログの「テンプレート」のようなものです。




4.プラグインとは

プラグインとは、ワードプレスの拡張ツールのことです。
例えば、SEO対策、PING、目次作成、人気記事、関連記事、エディタ拡張、
サイトマップ作成、などが簡単に行えるものです。


このようなことを、自分で行おうとすると、
すごく大変なことなのですが、「プラグイン」を使うことによって、
自動的に実施してくれるという、優れものです。






《一言》


引き続き、さらにワードプレスについて説明動画を、
完成され次第、Youtube に、アップして頂けるようなので、
今後の動画が楽しみです。


7つの心理効果を使ったコピーライティング・テクニック

レビュー:★★★★☆

Time:13分53秒

形式:講義

 

《ここがオススメ》

 
心理学に基づいた、反応率を高める文章の書き方が
分かりやすく解説されています。
インターネットでマーケティングするうえで、
大切なコピーライティングの方法を学べます。

《この動画の要約》

売上を激増させるために知っておくべき7つの心理効果


1.認知的不協和

ひとは、矛盾がある状態は耐えられないという心理が働きます。
例えば、まず小さいお願いから、お客様にお願いしていき、
何か行動してもらって、最後に商品をご紹介すると
成約率が上がりやすいです。

無料で、コメントを書いてもらうとか、
コメントを書いてもらったら、なにかプレゼントを送るなどです。

統一感を保たないと、ひとは気持ち悪くなるということです。
認知的不協和を上手く活用すると成約率が上がります。
ただし、絶対に悪用はしないでください。


2.自尊心仮説

被説得性のメカニズムを考えてみましょう。

ひとは、自信のある口調に感情が動きやすいものです。
この人にだったら、お金を払っても良いかな?と思ってもらいやすくなります。

インターネットで、セールスページを読んでいるお客様というものは、
なにか悩みがあることが多いです。

例えば、痩せたいとか、肌がきれいになりたい、
もっともっと収入を安定したい、などの思いがあるものです。

もともと悩みを抱えているひとに対して、
「自信のある口調」で話すと説得しやすいのです。

自尊心が低いひとには、自信のある口調で話していくと
説得効果が上がります。

ブログを書いたり、メルマガを書くときは、
自信のある文章にしましょう。
つまり、断言するのです。
弱々しい文章では、ひとは説得できません。

そして、自分に自信を持つためには、
ある程度の成功体験が必要になってきます。

日々の生活から、小さな成功を重ねていくことが必要になってきます。
例えば、1ヶ月間ブログを書き続けると決めたら、絶対に書き続けてください。

そんな感じで、達成すると、
小さい自信が大きな自信となって、つまりは、自信のある口調につながります。


3.心理的財布

ひとは、消費ではなく、投資と思えるような商品には、
お金を出しやすいということが有ります。

使って消えてしまう「消費」と
数カ月後、はじめの10万円が15万円になりますといった
「投資」を比べてみます。

商品を紹介するとか、お客様に「消費」ではなく、
「投資」だと思っていただく必要があります。
そのほうが、「成約率」は上がりますし、
「売上も」上がります。

貴方がもし、何かの商品をアフィリエイトしたいと思ったとき、
お客さまに「消費」として紹介するのか、あるいは、
「投資」として紹介するのか、よく考えることが大切です。


4.返報性の原理

一度拒否されたことも、こちらがわが譲ることで、
受け入れてもらいやすくなるのです。

例えば、バレンタインデーに、チョコレートを貰いました。
ホワイトデーになったら、お返しをしないと・・と思います。
それが、「返報性の原理」です。

つまり、良いことをされると、返そうと思うことです。

これを、マーケティングに上手く活用すると、
お客さまに、まず、無料で役にたつコンテンツを提供してプレゼントします。
すると、一定数のかたが、何かお返ししないといけないと思ってくれます。

そのときに、なにか商品を紹介すると
「この商品を購入しようかな?」と思う人が、一定数出てきます。
この戦略を使っていたのが、「マクドナルド」です。
「返報性の原理」をうまく活用すると、「購入」まで誘導しやすくなります。


5.反復性理論(3ヒット効果)

メッセージは、3回繰り返すことで、相手に伝わるということです。
逆に、伝えたいメッセージは、3回繰り返さないといけません。
そうしないと、伝えたいメッセージは、相手の記憶に残りません。


6.スリーパー効果

キャリアがなくても、良いメッセージを発信し続けることで、
だんだんと信頼してくれるというものです。
これは、初心者の方に有効活用できる心理テクニックです。

なにも実績がなく、いま、インターネット・ビジネスを
始めたばかりでも、良いメッセージを発信し続けることで、
かりに実績が無かったとしても、
このひとは、信頼出来る人だと思ってもらえます。

何らかの実績が出てくると、スリーパー効果を加えることで、
さらに売上が上がってきます。


7.希少性の法則

期間、個数の限定にすると、ひとは、その商品が欲しくなるのです。
あと◯◯個とか、「希少性の法則」を使うと、
ひとが行動してくれるようになります。

・・・

このように、「心理学」を勉強することによって、
より反応率の高いコピーが書けるようになります。

文章の精度が上がってくるので、
この人の記事を読むと、役に立つとか、楽しくなるとか、
ドキドキするなど、感情が動いてもらいやすくなります。

そして、お客様の感情が動くと、商品を購入してもらいやすくなります。



《一言》

いままで、文章を書くときに、ひとの心理などを考慮していなかったので、
これは、たいへん参考になります。